クレジットカードのデザインにこだわる

クレジットカードといえば紙幣や硬貨を出さずにお金が支払えるものと割り切っている方もいらっしゃるかと思いますが、持ち物にこだわりを持って選ぶ方ならばクレジットカードの券面デザインにもこだわりたいと思うこともあるでしょう。そのような方には券面デザインの選択肢が広いカードがおすすめです。例えば某百貨店のカードは70種類を超えるデザインから選択できるため人と被りたくないという方にもおすすめです。発行手数料はかかりますが途中でデザインを変更することも可能なため、飽きっぽい方にも良いかもしれません。それ以外にもキャラクターが書かれていたり、逆に黒一色などのシンプルなカードも存在しています。券面のデザインがすべてではありませんが、クレジットカードを選ぶ上でのひとつのポイントとなるかもしれませんね。

クレジットカードを持っててよかった!と思ったとき

私がこれまでの人生で一番クレジットカードを持っていたことに感謝したのは、数年前、北海道へ新婚旅行に行ったときのことでした。3年付き合って結婚した夫はふたつ年下で、普段は頼りになる人ですが、あまり旅行というものに興味がありません。私が誘ってどうにかついてきてくれたのが新婚旅行でした。せっかくの新婚旅行ですから、何か記念になるものを買って帰りたい……。そう考えていた私は、小樽でとても素敵なステンドグラスのランプを見つけました。これを寝室に置きたい!と思ったんです。ところがお値段が私の想像のなんと3倍!迷いました。多少の現金は持って来ていましたが、それでは足りないほどだったので。そこでさっと取り出したのがクレジットカード。そしてボーナス払い。薄給の私には痛い出費でしたが、今でもランプを眺める度に新婚当時の気持ちを思い出すことができるので、クレジットカードさまさまだなと思っています。

クレジットカードの家族カードを作る利点と注意点

クレジットカードの中には家族カードを作ることができるカードがあります。この家族カードを作れば、自分が利用した分だけではなく、家族が利用した分のポイントも貯めることができるので、年間の利用額を増やすことができるというメリットがあります。また、年間の利用額が増えればポイントの貯まり方が早くなるのに加えて、カードのランクも上がりやすくなるので、様々な優待サービスを期待することもできるでしょう。ただし、家族カードを利用した分の金額は、クレジットカード契約者に一括して請求されることになるので、事前に家族同士でカードを利用する上でのルールを決めておくことが大切です。それをせずに好き勝手に使われてしまったら、思わぬ高額請求を受けてしまうことにもなりかねないので、きちんと信頼できる相手に限定するようにしましょう。

旅行に便利なクレジットカード

我が家では主に普段の生活で利用するクレジットカードは年会費無料でポイント還元率重視の1種類に集約しています。しかし、旅行の時にだけ活躍するクレジットカードが別にあります。それは主人の職業柄持っている私学共済のクレジットカードです。まず、このクレジットカードは年会費無料のためデメリットが無さそうなので取得しました。だからと言ってメリットが無ければ枚数を増やす必要もなかったのですが、一番惹かれたのは旅行代金の支払いをこのカードでした場合に、万が一の事故や損害に旅行保険がおりるという点です。ホテル代、高速代、タクシー代など一部の支払いでもOKということで適用ハードルが低いのも嬉しいです。今のところ保険のお世話にはなっていませんが、旅行や遠出の時には念のためと活躍するクレジットカードです。他にも空港のラウンジに入れたりとポイント還元以外の旅行で使えるメリットがあったはずです。

クレジットカードはビックカメラSuicaカードを活用

30代のサラリーマンです。私はクレジットカードとして、ビックカメラSuicaカードを利用しています。理由はオートチャージが楽&ポイントが貯まる&年会費実質無料だからです。私はJRユーザーの首都圏勤務のため、とにかくSuicaを使います。その際、残額が少なくなるとオートチャージがされるため、とにかく便利です。改札で止められたり、残額に泣いたりすることもありません。また、オートチャージされるたびに1000円で10円相当のポイントが付きます。その場で1%の還元は、少ないお小遣い制のサラリーマンにとってはありがたいです。これだけ便利でありながら、年会費は実質無料です。実質なのは、1回使用が条件のためです。クレジットカードは便利さとお得さをもたらすものだと私は考えています。

大きい買い物で活躍するクレカ

私のクレジットカードの使い方は学生時代から決まっています。それは高額なものを買った時だけ利用する方法です。よく節約術などで、小さい買い物から大きい買い物までクレカで支払い、現金利用を減らして無駄遣いを減らすといったことが紹介されていますが、私はちょっと違う考え方です。確かにクレカを日常使いしたほうがポイントもコツコツ貯められますが、数値管理になると、私は節約どころがむしろお金を使ってしまいがちです。ですので、なるべく現金で支払いは済ませるようにしています。ただ、ポイントはなるべく貯めたいので、大きい買い物だけクレカを使うようにしています。この方法だとポイントも貯まり、毎月の支払いも管理しやすいのです。貯めたポイントは商品交換はせず、他の利用しやすいポイントに換えて映画のチケットの支払いに充てるなどして楽しんでいます。

現金よりクレジットカードを使おう!

私は、以前から現金主義で、財布の中にはいつもたくさんのお札と小銭が入っていました。そういう状況になんら不便さを感じませんでしたし、それが当たり前だと思っていました。しかしながら、ある日、友人にクレジットカードの便利さを熱弁されて、それなら試しに作ってみようかなと思うようになりました。どこで作ろうかと悩んでいたところ、国内の著名航空会社のクレジットカードの広告が目に止まり、「マイルを貯めて海外旅行にも行けるしな」という考えで、クレジットカードを作ってみました。実際に使ってみると、クレジットカードというのは極めて便利だと気づきました。まず、財布にお金を入れておく必要がほとんどなくなります。また、決済の時間も早くなります。さらに、後で明細をしっかり確認できるので無駄遣いが減ります。このように、クレジットカードはすばらしい役割を果たしてくれます。現金主義の方には、一度クレジットカードを作ってみてはどうかと提案したいです。

海外で病院へ!?クレジットカード付帯保険で安心!

 それは私がマレーシアのペナンに旅行に行った時のこと。体の不調を感じていましたが、海外で病院へかかるのはちょっと怖いと感じて見送っていました。しかし、次の観光地はタイの小さい島。都会にいる間に病院へ行ったほうがいいのではと思い、思い切ってクレジットカードの海外保険センターに電話しました。 立て替え支払いやキャッシュレスサービスなどについて、女性が丁寧に説明してくださり、緊急ではないので手続きに少し時間のかかるキャッシュレスサービスを利用することに。1?2時間程待って、病院の案内の電話を受け、ホテルから指定された病院へ。日本語通訳の方が最後まで親切に面倒見てくださり、大変助かりました。 これまでクレジットカードの付帯サービスについてはあまり関心がありませんでしたが、海外保険がついているものでよかった、と心から思った経験でした。

初めてのリボ払い

これまでずっとカードはニコスVISAを使っています。最近まで月に3万円までと上限を決めて1回払いのみで使っていました。先日、新しいデジカメが欲しくなり、悩んだ挙句初めてリボ払いを使ってみることにしました。購入したデジカメはハイエンドコンデジと言われる高級機種。備品も含めて8万円ほどでした。分割にしようかなとも思いましたが、ほかの買い物のことも考えリボに決めました。初めての時はちょっと躊躇しましたが、使ってみるとどうという事も無く、その後も2度ほどリボを使っています。しかしあんまりリボに慣れちゃうとまずいですね。やっぱり請求を見ると利息が割高です。使いすぎて間隔が麻痺してしまうと危険ですから、とりあえず今残っている額を払ったら、また元通り1回払い限定にしようと思っています。

ネットショップに詳しくなれたのはクレジットカードのおかげ

もともと商品を安価で販売しているネットショップで買い物をするときに使用するために作ったクレジットカードですが、今ではポイントが貯まることもあってネットショップでの買い物がメインとなっています。正直、これまであまりパソコンやインターネットには詳しくありませんでした。しかしクレジットカードを持ち、様々な商品を検索するようになってからというもの、パソコンやインターネット、そしてネットショップの種類に詳しくなることができました。今ではどの商品をどのネットショップが安く販売しているのかといった情報も得ており、出費を抑えることができています。またポイントにも助けられており、ネットショップを利用するようになってから生活費が節約できています。